診療時間

web予約

TEL

map

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 物を持ち上げる時に肘が痛い
  • タオルや雑巾を絞る時に痛い
  • ドアノブを回すときに痛い
  • テニスでボールを打った時に肘が痛い

テニス肘なぜ起こる?|世田谷区 下高井戸整骨院

テニス肘は上腕骨外側上顆炎と言われ手を動かした時に肘の外側に痛みを生じる疾患です。 特に肘の外側の腱の付着部付近に痛みが出ます。

肘の外側の骨には、手首や指を伸ばす筋肉が集中して付着しています。骨と腱が付着しているところが脆くなり痛みが発生します。 30代から50代に多く発症すると言われています。

原因となる筋肉は短橈側手根伸筋でこの筋肉の付着部に痛みが生じます。

テニスの打つ動作(バックハンドやフォアハンド)やボールを握ったり等使いすぎ(オーバーユース)によるものと考えられています。

運動前のストレッチ不足など準備不足が原因の一つです。

また、日常生活で重いものを持ったり片手で引っ張ったりする動作や、腕を回したりすることが原因とされています。

職業では、運搬業の人、料理人や大工など手首をよく使う職業で発生しやすいです。

放置するとどうなるの? |世田谷区 下高井戸整骨院

初期段階では、テニスのプレー中のみ肘が痛み、安静時に痛むことはほとんどありません。

日常の中では、物を掴んで持ち上げる動作やタオルを絞ったり、ドアノブを捻ったりする動作の時に、肘の外側から前腕までにかけて痛みが 生じます。

症状が進行すると、安静にしてもズキズキとした痛みが続くようになり、日常生活にも支障をきたすようになります。

代表的なテニス肘の検査法

1.トムゼンテスト

手首を曲げるようにして、痛い方の肘を伸ばしたまま、抵抗を加え手首を伸ばして貰う。

2.チェアテスト  

肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。

3.中指伸展テスト  

肘を伸ばしてもらい中指を上から押さえるのに抵抗して、肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

以上の検査をした時に肘に痛みが出た場合にテニス肘の可能性が高いです。

チェアテストは一人でも出来る検査法なので、肘の痛みが気になる方はやって確認してみて下さい。

もし検査をして痛みが出るようならすぐに治療を開始しましょう。

テニス肘の下高井戸整骨院での治療法|世田谷区 下高井戸整骨院

当院ではまずテニス肘で来院された患者様には問診をしっかり行い、原因を追求していきます。

上記で書いた検査法を行い痛みがあるかどうかを判断し、そこに関係のある筋肉や靭帯をわかりやすく説明しながら手技治療を行なっていきます。

手技治療は肘周りに起始する筋肉や靭帯、また筋肉が停止する手首などをメインに治療をしていきます。

次に関係のある上腕の周りの筋肉などもしっかり治療を行なっていきます。 患部の炎症の抑制や痛みの軽減、治癒を促進するために即効性のある鍼やお灸、ハイボルテージ治療を行うこともできます。

良くなった後は、怪我の予防の為キネシオテープを巻いたり、ご自身で自宅できるセルフケアやストレッチをお教えいたします。

テニス肘は発症直後の痛みは少ないですが放置してしまうと生活に支障が出てしまう疾患です。 肘の使いすぎや過度な運動は気をつけてください。 しっかりと施術することで本来の自分自身が持っている自然治癒力が高まります。 痛みの出ない身体づくりを私たちと一緒にしていきましょう! テニス肘でわからないことなどありましたら下高井戸整骨院にぜひご相談ください。 一緒に身体を良くしていきましょう!!

TEL

LINE

住所
〒156-0043
東京都世田谷区松原3-41-6
アクセス
京王線下高井戸駅から徒歩1分

外観

診療時間