診療時間

web予約

TEL

map

鍼・お灸

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 慢性的な肩こり・首こりに悩まされている
  • 腰が痛くて思うように動けない時がある
  • よくギックリ腰をおこしてしまう
  • 肩こりに伴って起こる頭痛や吐き気がひどい
  • 時にはイライラしたり、情緒不安定になる

鍼灸の由来と仕組み|世田谷区 下高井戸整骨院

鍼灸治療とは、古来の中国から伝わった歴史の深い治療法です。

一見古風とも見えるその治療法には、長年の経験に伴った明確な根拠、効果があります。鍼治療は髪の毛ほどの細さの針を、ツボ(経絡)や痛みのある部分に刺入します。

対して、お灸とは艾(もぐさ)に着火して、ツボ(経絡)に熱刺激を与える治療法です。双方とも刺激によって血行促進、筋肉の過緊張を和らげる効果が見込めます。

さらに、自己免疫機能を向上させる効果もあるので、不快な腰痛・肩こり緩和に留まらず、快便効果や生理痛・ストレス軽減など、幅広い効果も期待できます。

つまり、外部からのアプローチによって体の内部から健康にしていくことこそが鍼灸治療なのです。

使い捨ての清潔な鍼だから安心|世田谷区 下高井戸整骨院

ですが、鍼治療は“鍼を刺す”というイメージからくる「痛い」「怖い」といった想像が先行しがちですが、実はそうではありません。

針と聞くとどうしても注射に関連付けて考えがちですが、鍼灸治療で用いる鍼は特別で、毛髪と変わらない細さになっていて注射針の半分以下なのです。イメージとしては、1本の毛髪の先で“トントン”と叩かれる感覚が近いでしょう。

実は鍼治療とは、言葉からくるイメージとは違って【痛みが殆どない施術】なのです。

昨今の事情により、衛生面に関して心配される方も多いかと思います。ですが、使用する鍼はステンレス製の1回ごとに使い捨ての「ディスポーサブル」を使用しているケースがほとんどです。

使い捨てで衛生的、かつ細いので鍼の挿入口からの感染の心配もありません。

鍼灸治療は痛みのない施術|世田谷区 下高井戸整骨院

お灸は“よもぎ”を乾燥させて精製した艾(もぐさ)に着火することで、ツボ(経絡)に適度な刺激を与える治療方法です。

それには艾を直接皮膚に据える方法(直接灸)。皮膚と艾の間に生姜、塩、ニンニクなどを挟む方法(間接灸)の2種類があります。いずれも外から刺激を与えますが、鍼のように腰痛・肩こりを緩和したり自己免疫・代謝アップを期待できる効果もあります。

ほかにも血行促進・生理痛・ストレス軽減・便通促進といった女性機能の改善にも効果があります。それに、身体を芯から温めることで女性特有の冷え症の解消も望めるのです。

さらに嬉しいのは、お灸を用いた治療では副作用がほとんどありません。

そういった理由から、妊娠中や授乳中の女性はもちろん、持病をお持ちの方でも安心して治療を受けていただけます。

体の不調を感じたり、不快な症状でお悩みの方は、一度当院までご相談下さい。

鍼灸治療自体が初めてという方には、治療内容や方法について、ご納得頂けるまで丁寧に説明致します。

安心してご来院ください。

TEL

web

住所
〒156-0043
東京都世田谷区松原3-41-6
アクセス
京王線下高井戸駅から徒歩1分

外観

診療時間

LINE