診療時間

web予約

TEL

map

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きた時に膝がこわばる
  • 立ちあがり、動き初めに膝が痛い
  • 膝が腫れている
  • 正座が出来ない
  • 階段の昇り降りが辛い
  • 膝がまっすぐ伸びない
  • 何もしなくても膝が痛い

変形性膝関節症はなぜ起こる|世田谷区 下高井戸整骨院

「変形性膝関節症」は加齢や使い過ぎにより膝の軟骨がすり減り、関節が変形してしまい膝に炎症が起きて強い痛みが生じる状態です。

加齢による原因が多く、年齢を重ねるにつれ「筋力の低下」やクッション材の役割を持つ「半月板(はんげつばん)」と呼ばれる膝の軟骨の弾力性がなくなり、膝にかかる日常生活における様々な負担に耐えられず軟骨がすり減り変形し、関節の骨と骨が直接ぶつかることにより炎症がおきて激しい痛みを引き起こします。

女性に多いとされていて性別によるもの、膝には体重の4~6倍の負担がかかると言われているので肥満など体重増加によるものや、正座やあぐらをかく・布団の上げ下げ等の膝を大きく曲げる動作の多い日本の生活習慣も原因の一つです。

度重なる負担で膝まわりの筋肉が硬くなり血流が悪くなると、しっかりと身体を使えなくなり、筋力が弱まりまた負担に耐えられず悪化し、回復が追いつかない悪循環になっているため引き起こされるのです。

変形性膝関節症を放置するとどうなるの?|世田谷区 下高井戸整骨院

何もせずに放っておくと、主な症状である膝の痛みがどんどん強くなります。

痛みの程度は進行具合によって変わっていきます。

初期症状は朝起きた時の膝のこわばりや休めば治まる動き始めの痛みで、基本的には年齢を重ねるごとに悪化していき、痛みで階段の昇り降りや正座が辛くなったり、関節の炎症が強くなり腫れや熱感が出てきます。さらにひどくなると、何もしなくても強い痛みを感じ、普通に立ったり歩いたりの日常生活動作が出来なくなっていきます。

そうならない為には、原因となっている部分に対しての的確な治療が必要となります。

下高井戸整骨院だから出来る「変形性膝関節症」の治療法|世田谷区 下高井戸整骨院

膝の変形自体を治すのは関節鏡(内視鏡)手術や骨切り術、人工関節置換術などの手術しかありませんが、痛みを無くしたり、進行をくい止めることは可能です。

当院では、まず姿勢分析システムで身体のバランスや重心の位置・柔軟性の評価を行い、緊張が強く使いすぎている筋肉・使えていない筋力低下を起こしている筋肉を明確にして患者さんに分かりやすく説明していきます。

その後、使いすぎている筋肉には一人一人に合った手技で筋肉をゆるめていき、弱っている筋肉には運動療法・トレーニング指導で筋力強化をはかり日常生活でかかる負担に耐えられる身体作りをサポートして進行をくい止めます。

痛みに対しては、原因となっている筋肉や鎮痛に特化したツボにアプローチする下高井戸整骨院自慢の「鍼灸治療」「ハイボルテージ治療」で痛みをなくしていきます。

そうすることで全身の血流が良くなり、自然治癒力を高めて、先ほど説明した悪循環状態から抜け出し、辛い症状をとりのぞきます。

手術するのは恐いし嫌だ・この強い痛みがなくなるはずがないとあきらめていた方・何処に行ってもよくならなかった方

「変形性膝関節症」はよくなります!

根本的な原因を突き止めわかりやすく説明し、一人一人に合った施術をさせていただき納得して帰っていただきます!

一人で悩まず、是非一度下高井戸整骨院にご相談してください!

TEL

web

住所
〒156-0043
東京都世田谷区松原3-41-6
アクセス
京王線下高井戸駅から徒歩1分

外観

診療時間

LINE