診療時間

web予約

TEL

map

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が痛くて腕が挙がらない
  • 髪や顔を洗うときに肩が痛い
  • 背中に腕をまわせない
  • 肩が痛くて夜眠れない
  • 肩の痛みで夜目が覚める

四十肩・五十肩はなぜ起こる|世田谷区 下高井戸整骨院

四十肩・五十肩とは俗称で、医学的には「肩関節周囲炎」と言われていて、40代50代で発症することが多い、肩関節周りの筋肉や靭帯に炎症が起きている状態です。

原因は詳しくは明らかになっていませんが、加齢や使い過ぎによる負担により肩の筋肉や靭帯の柔軟性がなくなり動きが悪く傷つきやすい状態になるからだと言われています。

肩関節は立っている、座っているだけでも「腕の重さ」「重力の負荷」に耐え、腕が抜けないように支え続けているので、その状態からさらに動かそうとすると肩関節に大きな負担がかかります。

よく混同されますが、肩こりと四十肩・五十肩はまったく別ものです。肩を動かせるかどうかで見極めることが出来ます。肩こりは四十肩・五十肩のように、肩が動かせなくなることはありません。痛みも、肩こりが鈍痛であるのに対し、四十肩・五十肩は鋭い痛みなのが特徴です。

四十肩・五十肩は痛みの強い「急性期」と、痛みは落ち着いているが思うように肩が動かせない「慢性期」、痛みが改善する「回復期」に分けられます。

急性期:ズキズキと、うずくような痛みがある・肩を動かす際に痛みを感じる・朝晩に痛みが強くなってくる・動いても痛いし、何もしなくても痛い・夜寝る時に痛みがあり寝つけない、痛みで目が覚める

慢性期:夜間時痛、安静時痛は軽くなる・過度に動かした際、強いつっぱり感がある・急性期の痛みにより、動かさない状態が続くことで関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなる

回復期:徐々に痛みがとれ、動かせる範囲が広くなる・動かしても痛みが出なくなる

肩の筋肉や靭帯の柔軟性がない状態を改善させないと慢性期と回復期を繰り返すと言われています。

四十肩・五十肩を放置するとどうなるの?|世田谷区 下高井戸整骨院

四十肩・五十肩は何もしなくても良くなると思われがちですが、放置すると痛みが治まらなかったり、痛みが取れてはまた出てくるなど再発を繰り返したり、関節が拘縮してまったく肩が動かせなくなったりと自然な状態には戻りません。

最悪手術の道しか残らない時もあります。

そうならない為には、原因となっている部分に対しての的確な治療が必要となります。

下高井戸整骨院だから出来る「四十肩・五十肩」の治療法|世田谷区 下高井戸整骨院

まずは強い痛みを取り除くために、柔軟性が失われた筋肉や靭帯に手技でアプローチしていき、鎮痛・炎症の抑制に特化した下高井戸整骨院自慢の「鍼灸治療」「ハイボルテージ治療」を行います。

その後、再発予防のために運動療法・トレーニング指導で筋力強化をはかっていきます。

そうすることで肩関節にかかる負担を減らし、しっかりと身体を使える状態にして血流を改善させることにより、本来人が持っている自然治癒力を高めて症状の改善をしていきます。

根本的な原因を突き止めわかりやすく説明し、一人一人に合った施術をさせていただき納得して帰っていただきます!

辛い症状でお悩みの方、早期治療が早く良くするカギです!

下高井戸整骨院への早めのご来院お待ちしております!

TEL

web

住所
〒156-0043
東京都世田谷区松原3-41-6
アクセス
京王線下高井戸駅から徒歩1分

外観

診療時間

LINE